24.日本での議論の欠如を反映?日本の再処理政策を支持した米駐日大使(05/29 18:53)


ワシントンD.C.の米国非営利団体「国家安全保障アーカイブ(NSA)」が2月12日、レーガン政権の初期の2年間(1981-82年)において日本のプルトニウム政策に関連した議論がどのようになされたかを示す文書類を公開しました。その中にカーター政権が任命し、レーガン政権でも続投が決まったマイク・マンスフィールド駐日大使がレーガン大統領とアレクサンダー・ヘイグ国務長官に宛てたものがあります。

詳しくは…

24/408

次の記事へ >
< 前の記事へ
一覧へ戻る

Powered by
MT4i v2.25